肩のタトゥー除去体験談(美容外科・切除)

1. 除去する病院やクリニックは「何科」に通いましたか?

美容外科

2. タトゥーを除去した部位と大きさを教えてください

左肩、卵1個分くらいの大きさ程度

3. 除去した方法を教えて下さい

切除

4. 実際に消えましたか?

タトゥーは完全にきえました。しかし切除した傷跡が残っています。
もしも可動域が大きい肩でなければ、傷跡はきれいな1本の線状になっていたかもしれません。しかしながら、術後も安静を保つことが出来ず、肩を動かしていたので傷がやや広がったような感じになっています。また切除術をするまではわかりませんでしたが、私は傷跡がケロイドになるタイプでした。そのため術後は傷がみみずばれのように盛り上がり、かゆみを伴ってやや目立つキズになっていました。今はかゆみを抑え、ケロイド部分を柔らかくするような軟膏を塗っているため、少し傷の赤みと盛り上がりがおさまってきた感じです。
ただタトゥーの面影は一切ありませんが、切除の傷は生々しく残っている状態です。でも10点満点で7点くらい満足はしています。”

5. 痛みの程度はどうでしたか?

手術の時には、麻酔がとても痛かったですね。一度の注射だけではなく、タトゥーの周り5か所くらい麻酔の注射をしました。ただ麻酔が効き始めると全く痛みを感じることはなかったです。そのため施術中は痛みを感じることはありませんでした。
切除術が終わってから、約2日間くらい皮下に血がたまらないように、また皮膚が少し伸びるようにドレーンという管を入れていました。動くと傷が突っ張ったり刺激になるので、とても痛かったですね。ドレーンを外した後は、傷が平らだったので痛みを感じることが少なかったです。ドレーンを入れている間は一日3回痛み止めを飲んでいました。それで仕事をこなしていました。しかしドレーンを抜いてからは、痛み止めは飲む必要がなくなりました。”

6. タトゥー除去すべて合わせて金額はどの程度かかりましたか?

11万円

7. 除去手術前の気持ちを教えてください。

実際、肩という場所は自分からはなかなか見えづらい場所であり、タトゥーが入っていることも忘れているくらいでした。
始めはレーザーで取れると単純に思っていましたが、診察、説明を受けてみると私のタイプはいろいろな色を使っているタトゥーだったので、レーザーは無理という説明を受けました。
キズは残っても完全に消したいという希望のほうが強かったので、迷わず切除方法を選びました。正直不安よりも期待のほうが大きかったです。

8. タトゥーを除去したいと思った理由を教えてください

若気の至りで入れてしまったタトゥーでしたが、結婚することを機に除去することにしました。
夫になる人は特にタトゥーについて指摘する人ではありませんでしたが、やはり結婚をするということになると、夫の家族との付き合いも増えます。姑や小姑と一緒に温泉に行ったりすることもあるかもしれません。また将来的に子どもにタトゥーを指摘されることもあるかもしれません。
それを考えると、結婚前にタトゥーは完全除去しておいたほうがいいと考えたのです。

9. 今除去しようか悩んでいる人にアドバイスを!

私はタトゥーの切除術を受けて正解でした。なぜなら、全く後ろめたい気持ちがなくなったからです。
地方に住んでいるので、切除できる病院を探すのは簡単ではありませんでしたが、電話で問い合わせて少し離れた病院に決めて切除してもらいました。病院に通ったのは、全部で5回。仕事をしながらだったので、簡単ではありませんでしたがやった価値はあったと思います。
タトゥーがあるといろいろな制約もありますが、今は子どもとも温泉やプールにも行けます。除去したことに満足しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする